3.デザイン・プランニング

ここでいうデザイン・プランニングとは、具体的なもののデザインコンセプトをどのようにしたらよいか、造形をどのようなデザインの方向でいったら、受け入れられるか等のディレクションです。時によっては、意図する方向性を理解して頂くために、デザインのアイデアそのものも出す時があります。

市場にある競合商品のスタイルの分析やまだ市場にないスタイルの可能性、そのものの周りにある環境とのよい関係を考えた上で、デザインスタイルを決定することをお薦めしています。いきあたりばったりのデザインではなく、あらゆる造形の可能性を射程に入れ、きちんと戦略を持ったデザインを緻密に考えることが効率よく、市場にもアピールします。

1980-81 システムベッド(トヨタベッド:アイシン精機)
1980-83 メタル素材インテリア商品開発(日本バルジ工業)
1981 ファクシミリ(電電公社)
1981 キッチンウェア、銅製インテリア商品(タニタ販売)
1982 デジタルキーボード(服部セイコー)
1982 銅製住宅パーツ(タニタ伸銅)
1982 スケッチフォン(電電公社)
1982 歩数計(タニタ販売)
1983 ロックミシン(ジューキ)
1983 キッチン用すき間家具(イナバ物置)
1984 エステティック機器(カネボウ化粧品)
1985 サーモメーター(タニタ)
1988 アスレティック機器インターフェイス(コンビ)