2.事業戦略・商品戦略

私が工業デザインに関わり始めた時、ひとつの大きな疑問をいつも感じていました。それは、ものを作ること自体が大前提にあるので、よく考えられていない使いにくいものができたり、第一この様なものは本当に必要なのかというものもあったのです。日本では、男性と女性の性別役割分業が先進諸外国に比べ強いためか、家電製品にしても「家事」などやったことのない男性技術者やデザイナーによって作られることが多く、ものづくりが社会的公正さや長期ヴィジョンが余り考えられずに製造されていました。そこで、当時はまだ一般化していなかったプロダクト・プランニングという視点から、ものづくりを支援しようと考えてきました。またものの売れない現在ではマーケティングは欠かせない要素です。特に購買の決定権を持っている女性は、幸か不幸か消費社会における、いわば達人で、大変目も肥えています。こういった客層の共感無くして、ものは売れません。適切なプランづくりが必要なことがご理解頂けるものと思います。

1979-80 ステーショナリー、キッチンウェア、バスウェア(林刃物--岐阜県関市の地場産業)
1981-83 プラスティック素材の商品展開(ヤマト化学工業)
1982 歩数計の中期ヴィジョン開発計画(タニタ販売)
1983 サーモメーターの商品企画(タニタ販売)
1983 ステーショナリー商品企画(ライオン事務機)
1983 キッチンのすき間家具商品企画(イナバ物置)
1984 サーモメーター販促のための情報開発(タニタ販売)
1985 商品別インテリアスタイル計画(旭化成ヘーベルハウス)
1985 ホームオートメーション事業戦略と商品戦略(三菱電機)
1986 電気温水器商品戦略と商品企画(三菱電機)
1987 ウェルネス21健康ビジネス基本構想(タニタ)
1988 セールスガイド企画(タニタ)
1988 アスレティック機器商品企画(コンビ)
1988 照明事業ヴィジョン計画、基本構想、商品戦略、商品戦術(三菱電機)
1989 ジャンル別照明・提案営業企画--フィットネスクラブ(東京三菱電機販売)
1989 家具開発のためのマーケティング・商品戦略(池田物産)
1990 ジャンル別照明・提案営業企画--ライトアップ・オフィス照明・店舗照明・テニスコート・スキー場(三菱電気照明)
1990 温湿度計 商品クリニック&中期商品戦略(タニタ)
1990 歩数計 中期ヴィジョン計画(タニタ)
1991 健康関連事業の支援・広報計画・PR誌企画(タニタ)
1991 高齢者向け商品 中期戦略と商品企画(三菱電機)
京都転居
2002 越前和紙の産地活性化総合計画(福井県和紙工業協同組合)
2004-06    越前和紙「素の紙展」企画・実行(福井県和紙工業協同組合)